悪ノ化身 1

更新日:

3年前の大戦、一人の勇者がぱったりと姿を消した。

その男は歴代の勇者の中でも最も優れている男だった。
勇者の名にふさわしい勇気と知恵、力。そして何より、他者への慈愛の心を持っていて、救いを求める全ての人間の声に応えるような、そんな非の打ち所のないような男だった。

彼は産まれた時から勇者となるべく育てられた人間だったので、まさに完璧だったのだ。

同じく、産まれた時からこの世の覇者とならんとする魔王と同じように。

この世界の始まりから今まで、幾度となく繰り返された勇者と魔王の戦い。

その中でも最も勇者たれと生きた男と、魔王たれと生きた男の世界の命運を握った戦いは。

多くの正しき人間が勇者の勝利を願ってやまず、そして悪しき人間と害悪の魔物たちが魔王の勝利を信じて疑わなかったその最後の戦いは。

―しかして、誰もが予想することの出来なかった結果に終わった。

倒された魔王。
そして人々の期待に応え勝利をもたらした勇者。

彼は栄光たるその後消息を絶った勇者。

歴代の中で最も勇者たる男がいなくなった世界では、魔王が死してなお平和がもたらされる事はない。残ったのは、善良ではあるが勇者に頼りきりだった人間と、魔王という“枷”が失われ統率力のなくなったモンスターと悪に染まった人間だ。

もはや、再び世界が混乱の渦に飲まれるのは当然のことだった。

それから暫くして。
一人、花畑で目覚めた男は自分に問う。

「俺は誰だ?」

そういった男の傍らには、ボロボロの布に巻かれた―しかしその鞘と柄は傷ひとつない―美しい黒い剣と、消えたはずの勇者が手にしていた聖剣が静かに横たわっていたのだった。

***

その男は全身黒で統一した、見た目だけなら大変暗い雰囲気を持っていた。
あくまで見た目だけである。
その相貌は雰囲気とは正反対なのだ。全身を覆う黒を覆すような磁器のように白い肌、そして良く映える濡れた烏のような黒髪に、黒い瞳。黒は黒でも輝いて見える。美しく恐ろしいほどに整った顔立ちだった。
体もまた、中肉中背などという言葉からは程遠いほど整っていた。しなやかな筋肉に贅肉の無い身体。実践によって培われた筋肉。

姿かたちは彫像のように完璧である。ただ1つ、無愛想すぎるところが欠点だった。それだけである。

そんな相貌を持った男―ヴァンは現在。
無愛想そのままで思いっきり、そう思いっきり走り回っていた。

場所はアルド大陸が一角。世界の中心から少し南東にある大陸の真ん中らへん。

一般人からすると全力疾走してもたどり着けないような勢いで、それはもう勢いよく走り続けていた。傍らにやけに筋肉質で巨体な男を引き連れて。

「ヴァンくーん、ちょっと早すぎじゃあないか~?」

「・・・わかった。」

少しだけ弾んだ息で声をかけてくる男―ヴァンの少し後ろを走っている彼はヴィルヴァーレ。ヴァンの相棒だ。
相棒と一言にしても様々な意味合いがあるが、その“様々”な点全てを網羅しているような男がヴィルヴァーレだった。ヴァンの仕事においても、私生活においても―そして人生においても。彼は相棒なのである。

速度を落としたヴァンの隣に並び笑いかけるその顔は太陽のように眩しい。にっこりと歯を見せて屈託の無い笑顔を見せるヴィルヴァーレのプラチナブロンドが輝く。
彼は身長が2mを超えるほどの大男であったが、かわいく三つ編みされた襟足がその筋骨隆々とした猛々しい巨体から威圧感を追い払っている。

ガチャガチャと腰や背にかけてある武器類を鳴らしながら走る二人。

「あのモンスター意外と足が速いなぁ~!これが二足歩行と四足歩行の違いかね?」

感嘆の声をあげながらヴィルヴァーレが指差したその先に、今回二人が走り回っている原因がいた。
太陽の光を受けてぬらりと光る鱗、体液を纏って湿りきった身体、水かきのついた指先で懸命に地面を蹴って走り回るソレ―陸を走っているくせにどこからどう見ても水辺の生き物です、といったような風貌のモンスター。
魚から手足が生えたその四足歩行のモンスターは端的に言って気持ちが悪い見た目をしているのだが、見た目だけならまだしも、必死に背中を折り曲げては伸ばして全身をバネのようにして遣いながら走り続けている。体液を撒き散らすというおまけつきなので殊更気持ちが悪かった。

「今日はどちらが先にしとめると思う?ヴァン。」

「アレがどっちに攻撃してくるかによるが、まあ、俺だ。」

「自信満々な回答ありがとう!」

モンスターにとっては笑えない会話を、笑いながら行うヴィルヴァーレとヴァン。(といってもヴァンは無表情だが。)手馴れた雰囲気だ。何故なら彼らにとってこうしてモンスターを追いかけるのはいつものことである。慣れているのも当然で―

「ほら見たまえ、そろそろ諦めるぞ~。」

「グルォオオオオ!!」

「ほおらな!」

―逃げの一手だったモンスターが急転回して襲ってきても一切動じないのも当然のことであった。

急転回、急加速、ハイジャンプ。一瞬の出来事、わずか1秒足らずの流れるような動作で逆襲してきたモンスター。ヴァンとヴィルヴァーレに大口を開けて、牙をむき出しに飛び掛ってきたその身体がいたるところに体液を撒き散らして二人の―ヴィルヴァーレの上空に躍り出る。

―そしてそのまま真っ二つ。地面に叩きつけられた。

「アッハッハ!ちとかわいそうだが・・・今日は私の手柄だなッ!」

ドッ!ともメキメキ、ブチブチ!とも聞こえる不愉快な音を立てながら、頭のてっぺんからつま先までヴィルヴァーレのメイスが走り抜ける。吹き上がる体液と舞い散る鱗が太陽に反射してきらめいた。
モンスターの身体は殴打による攻撃にもかかわらず、綺麗に二つに裂かれ、倒れた。

と、同時に、ヴァンの溜息が落ちる。モンスターの身体が重力と腕力で凶器となったメイスにつぶされる姿を見ながら、ヴィルヴァーレの高笑いを見ながら、モンスターを倒したと勝利に喜ぶことなく無表情で溜息。

「んっなんだね?」

「お前の手柄はモンスターを増やすことか?」

「むっ?」

喜ぶも何も、最初から勝利していないので彼の反応は当たり前のことなのだが。

満面の笑みでヴァンを振り返ってすぐ、背後を指差す彼の指に固まったヴィルヴァーレ。ゆっくりと視線を元に戻せば、頭を硬い銀のメイスでミンチにされたモンスターの体が、潰されて地面に伏していた。
―かと思いきや、潰されていない無事なほうの体で地面に手をつき、半身のない体を起き上がらせ。

「・・・うっそだろぉ~」

それぞれが意志を持ったように半身だけで別々に動きながら、ミチミチと傷を再生させて分裂。増殖。一体が二体になってしまっていた。
ヴィルヴァーレの顔が引き攣る。

分裂―それは基本的にスライム型のモンスターが得意とさせる。無性生殖を備えたタイプがよくする、やっかいな増殖行為である。この魚モドキはスライム型でもなんでもないくせにそれをやってのけた。魚は大人しく水中を泳いでいてほしいものだ。ヴィルヴァーレはげんなりとしながら、後ろで無表情のまま自分を見るヴァンに笑いかけた。

責めるような視線が刺さる。
彼らは事前にその情報を手にしていたのだが、ヴィルヴァーレは完全に失念していたのだ。頭を潰される前の綺麗な姿が二体、目の前に立ちふさがる様子に、ヴィルヴァーレは初めて知りましたといわんばかりに、あらー、と声を漏らし、ヴァンはうっかりした己の相棒を無表情で見つめ続ける。

先ほどまで逃げ回っていた必死さはどこへやら、数が増えて威勢の良くなったモンスターが体液を撒き散らしながら威嚇をしてくる。

切れば増える。ただ再生するならまだしも分裂するのだ。その分裂回数は有限ではないとしても、割と体格のいいモンスターが同じように何匹も増えれば厄介だろう。
しかしいきりたつモンスターを横目に、ヴァンはただ淡々とヴィルヴァーレに声をかけた。

「何か言うことは?」

「これで2対2、正々堂々勝負だネ!!!」

グッと親指を立てて言い切ったヴィルヴァーレの膝裏に華麗に決まる蹴り。よろけたヴィルヴァーレをそのままに、ヴァンは腰に帯刀した剣の一本に手を添えて駆けた。

分裂できるくせに最初から逃げるのならばよほど臆病なのか―それとも分裂回数が極端に少ないか、核を破壊すれば分裂できないタイプかだ。冷静にモンスターを分析していたヴァンの剣が空を切る。
モンスターは襲ってくる間もなく、ものの数秒で細切れにされた。一瞬で抜刀し幾重にも刻んだヴァンに反応もできずに、呆けた顔が分断され、ずるりと重力にしたがって落ちる。細切れの肉片が地面に落ちていく音を背景に、ヴァンはヴィルヴァーレを一瞥した。

「やはり今日は俺の手柄だったな。」

分裂も再生もすることなく、核も何もかも細切れにされ転がった死骸の中で佇むその姿に、しかしヴィルヴァーレは笑顔のまま。剣についた血と肉片を一振りで払うヴァンを見て悔しがるわけでもなく「ほんとだな!」と飄々と笑うだけである。

「よーしじゃあ、村に戻るまで退治競争だ!」

「リベンジマッチか。」

「そうそう!今度は負けないぞ~!」

武器をしまうことなく同時に駆け出すヴァンとヴィルヴァーレ。

その日、アルド大陸の一角で延々と続くモンスターの屍骸が発見された。

 

***

もしよろしければ1ポチッとしていただけると励みになります。
にほんブログ村
創作Rankトキワ荘

 

前話 次話

目次に戻る
トップに戻る

スポンサードリンク

-作品一覧, 小説, 悪ノ化身
-

広告

Copyright© one4m , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.