「 の記事 」 一覧

悪ノ化身 7

「記憶がない?」 ヴァンが頷く。 「誰が?」 ヴィルヴァーレが指差す。 「俺が」「ヴァンが」 「・・・何の記憶がない?」 二度目の質問に今度は二人で頷いた。男は ...

悪ノ化身 6

人間ならば殺さない。ならばモンスターの場合は? 苛立った男に、果たして二人はどう反応をするのか。吼えられたヴァン、そしてその後ろで行く末を見守っていたヴィルヴァ ...

悪ノ化身 番外編 ヴァンとヴィルヴァーレの自己紹介①

悪ノ化身の主人公 ヴァンとヴィルヴァーレによる自己紹介。  ツイッターログです。 二人の詳細な服装については後日単体絵をあげたいところ!

悪ノ化身 5

誰かの罵倒が聞こえる。憎くてたまらない声がする。 男はゆっくりと顔を上げて周りを見渡した。ここはどこだろう。 暗い牢獄の中。じめじめと湿った空気。カビ臭くてたま ...

悪ノ化身 4

騒然とした場ですぐさま双子が動く。 戸惑いどよめく客に向かって「逃げろ!」と大声を張り上げ、店の裏口をあけて避難を促した。その瞬間、黒い男が一歩足を踏み出す。ギ ...

悪ノ化身 3

食器の山。山。山。項垂れたヴィルヴァーレ。そしてまた食器の山。 連なる食器山脈にヴィルヴァーレは前髪をぐしゃぐしゃと掻いた。食事を終え、優雅に水を飲み、机の総面 ...

悪ノ化身 2

北には連なる山脈、東には人の営みが伺える街、南には砂丘のある海、西には未開の大地。 そんなアルド大陸の北と東のちょうど間に位置するところに、彼ら―ヴァンとヴィル ...

悪ノ化身 1

3年前の大戦、一人の勇者がぱったりと姿を消した。 その男は歴代の勇者の中でも最も優れている男だった。 勇者の名にふさわしい勇気と知恵、力。そして何より、他者への ...

美しいだけじゃない!科学や歴史も教えてくれる本『秘密の地下世界』

2018/01/23   -未分類
 

皆さんこん×にちはばんは。暁 右京です。 今回ご紹介する本は写真沢山な本です。そして何よりタイトルからしてワクワクする地下世界が沢山な最高の本になっています。 ...

マーリンが残した!?大人も子どもも楽しめる本『魔術学』

さてさて。小説家兼漫画家志望者という名の本の虫な暁 右京(肩書き長いですね)ですが。 このブログは小説や漫画(漫画・・・まだあげてなくてすみません)、日記の他に ...

Copyright© one4m , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.